philosophia

スポンサーリンク
息子・子育て・受験

子供の話を「聞く」ことで子供の将来がみえてくる?

最近になってふと、「わたしはこれまで子供の話をちゃんと聞いてこなかったな」と思い始め、反省しています。なぜ突然そう感じるようになったのか、子供の話を聞くことで何が変わるのか、これからどのように「聞く」を実践していこうか、などについて、自分の考えを整理してまとめてみたいと思います。
息子・子育て・受験

東大を目指す高校1年生の勉強時間は?

東大を受験するならいつからどのくらい勉強をすればよいのでしょうか?今回は東大に合格された方の例と、現在高1のうちの息子の勉強ルーティンについてご紹介したいと思います。また、部活や友達と遊ぶ時間、家族と過ごす時間はどう捻出しているかもお伝えします。
生き方・考え方・哲学

人に何かを頼むときに心がけていること

人に何かを頼んで、逆にイライラ…。そんな経験誰にでもありますよね?そうならないために、人に何かを頼むときにわたしがいつも心掛けていることをまとめました。
生き方・考え方・哲学

主婦が暮らしのモチベーションを維持するには

仕事や試験などのゴールがあるものに取り組むのならまだしも、わたしのように主婦だったりすると、生きていく上で自分のモチベーションをどうやって保ち続ければよいのか、考えてしまいますよね?そこで、今回は自分は今どこへ向かっているのか、何をすれば生活の中でモチベーションが自然に保てるのか、などわたしが日々考えていることをお伝えします。
息子・子育て・受験

中学受験の失敗!敗因分析や立ち直り方 ~現在は東大を目指す我が子の例~

現在は東大を目指している高1の息子ですが、実は中学受験に失敗しています。3年経った今、何が敗因だったのかを冷静に分析してみました。中学受験に失敗しない方法や、不合格だった場合の立ち直り方について、これから中学受験を考えられている方はぜひ我が家の例も参考にしていただけたらと思います。
息子・子育て・受験

歴史を学ぶ意義 子供を歴史好きにさせるには?

今の記憶をもったまま、小学生くらいからやり直しできたらもっとよい人生がおくれるのに・・・。そんなことをふと考えたことはありませんか?わたしはよくあります。そして、それこそが歴史を学ぶ意義だと思います。
生き方・考え方・哲学

美人の条件

先日、NHKの「SWITCHインタビュー」という番組でアン・ミカさんとマンボウやしろさんの対談が行われていました。その中で、アン・ミカさんがお母さんから教わった美人の条件や、そのほかのお話いろいろがとても素敵だったので、ご紹介します。
生き方・考え方・哲学

頑張らずにゆるく楽しく幸せに生きていくには

頑張ることには中毒性があるそうです。もう十分頑張っているのに、自分はまだやれる、もうちょっと頑張れる、と思って更に頑張る。気づいたら、好きなことをするための大切な時間までどんどん削られて、心身共に疲弊しきってしまっている。こうなったら、一度立ち止まり、ゆっくり自分と向き合う時間を作ることが大切です。
息子・子育て・受験

ごく普通の我が子が東大受験を決めた理由

現在高1の息子。小学生の頃の成績は中の上くらいでしたが、そんな普通の我が子が高校入学後に東大を目指すことになりました。いったいなぜそんなことに?
息子・子育て・受験

うちの子はなぜ反抗期がないのか

現在高1の我が息子は反抗期がありません(中学生のときもなかった)。というか、こちらが反抗する理由を作らないようにしているから、反抗してこないのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました